【本日スタート】人類は安野モヨコの漫画に心をえぐられ、学び、成長してきた「安野モヨコ展 ANNORMAL」を仙台文学館で120%楽しもう【仙台市・青葉区北根】

未分類

安野モヨコ展が仙台文学館でスタート

編集・恐山です。

「働きマン」や「ハッピーマニア」「シュガシュガルーン」「さくらん」などでおなじみの漫画家・安野モヨコ先生のデビュー30周年記念展示“安野モヨコ展 ANNORMAL”がこの度、仙台市・仙台文学館にて開催スタートしました。

メインのビジュアルがもうカッチョいい。

この30年、みんな安野モヨコ先生の漫画に心をえぐられ、成長してきたんです。

「安野モヨコ展 ANNORMAL」
会期:2020年10月4日(日)~12月13日(日)
会場:仙台文学館3階企画展示室
住所: 仙台市青葉区北根2-7-1

休館日 :月曜日・休日の翌日・第四木曜日※10月12日、11月23日は開館
料金:一般800円、高校生460円、小・中学生230円※各種割引あり

やっぱり「美人画報」が思い出深い

安野モヨコ先生といえば個人的には「美人画報」というイラストエッセイシリーズのイメージが強いです。

 

View this post on Instagram

#7日間ブックカバーチャレンジ 最後の #7日目 を飾るのは 私の大好きな漫画家 #安野モヨコ 先生のエッセイ作品#美人画報 です。2冊ありますが、一つに絞れないのでセットで載せます。 美人になるためにいっぱい努力する、美容、ファッション等がテーマで、高校生の時から何度も、目をキラキラさせて読み繰り返している本です。 ページに穴が空くんじゃないかってくらい読んだけど、高校の時に憧れてた「素敵な大人の女性」に近づけたかどうかは…なんとも言えませんが… エッセイといっても文章だけでなくカラーのコミックも収録されているので、読みやすいです。私もこんなコラム描いてみたい! 7日間お付き合いありがとうございました📖 引き続きチャレンジしてくれる次の人は、私のフォロワーさんのある方になります😌✨ よろしくネ!

A post shared by HK (@hxlxnx.v) on

 

「美人画報」は2000年代のオシャレ女子のバイブルだったんですよ。
当時はマセガキだったので、これを読んでオシャレになったつもりになっていました。

美人画報とほぼ同時期に雑誌連載されていた、イラストレーターのおおたうにさんの「チェリーコーク」というイラストエッセイもまた、ファッション系でしたね。

 

 

当時はファッション・美容のイラストエッセイ全盛期だったのかな〜と思います。
近年だと、漫画「アラサーちゃん」で有名な”なゆゆ”こと、峰なゆか先生もイラストエッセイをリリースされているのが印象的です。

刺さる名シーンがたくさん

安野モヨコ先生の漫画で好きなのは「ジェリー イン ザ メリィゴーラウンド」なのですが、漫画の名シーンコマを公に引用できる作品が限られているので「働きマン」の名セリフをご紹介。

仕事にフォーカスを当てた作品 「働きマン」

引用:アル

これめっちゃ刺さる!わかりすぎて首もげそう。
私も仕事をやりきって死にたいです。

安野モヨコワールドに浸かろう

今回の「ANNORMAL」は500点もの原画が展示される大ボリュームですので、安野モヨコワールドに浸れること間違いなしです!

ぜひ、友達や恋人を誘って足を運んでみてください。

執筆・恐山らむね