【雑貨がずらり】ねこ・ネコ・子猫!ねこまみれのお店「またたび堂」さんに潜入しましたレポ【仙台市・青葉区一番町】

スポット

猫、摂取してますか?

皆さん初めまして、ウラロジ仙台ライターのタマテツです。
ストレス社会のこのご時世、皆さんは何に癒しを求めますか?

…そう、猫です。

猫を摂取することはこのストレス社会において必要不可欠。
今回は仙台のウラロジで猫パワーを十二分に摂取できる「猫専門 またたび堂」さんにお邪魔しました!

 

 

出入り口から既にあふれ出す猫パワー。

 

 

心して扉を開けるとあたり一面、ねこ、猫、ネコ!

 

 

圧倒されるほどの種類のネコ作品が所狭しと並んでいます!

 

作家さんたちの魂がこもったネコ作品

▲作家・渡邊萠さんの作品

 

かわいらしい達磨のお猫様の置物や…

 

▲作家・maooさんの作品

 

まん丸おめめでこちらを見つめてくるねこちゃんのイラスト原画!

 

▲作家・金田花季さんの作品

 

色鮮やかに描かれたネコのポストカードも。

 


▲作家・しょうじこずえさんの作品

 

また、第57回宮城県芸術祭にて宮城県芸術祭賞を受賞したしょうじこずえさんの作品も!

どれも個性的でかわいらしいネコ作品。
作者名と経歴が掲載されているPOPと共に展示・販売されています。

お店の左手には企画コーナーがあり、個展や企画展、公募展が月に1度のペースで開催されるそうです。
運が良ければ作家さんが在廊していることも…!?

「猫を通じて恩返しがしたい」 優しい想いで生まれたお店

オーナーの桐野吉里夫さんにお話をお伺いしました。

「思い切って大好きな猫を専門としたお店を作って、猫を通じて社会に恩返し、社会貢献をしたかったんです。そして世界が平和になれば、という思いからスタートしました」。

レジの横には猫に関する募金箱が設置されており、猫に対する深い愛情を感じました。

またたび堂さんと縁のある猫作家さんの数は200人近くいらっしゃるそう。

「作家さんが作品に込めた思いや、どんな作家さんなのかを正確にお客さんに伝え、作家さんとお客さんをつなぐ架け橋となることを何より大切にしています」と桐野さん。

桐野さんと作家さんとの厚い信頼関係が、お店のPOPやディスプレイに反映されていました。

 

<レポまとめ>
猫専門またたび堂さんは…猫と作家さん、お客さん、すべてを平和にするにゃくえん(楽園)だった!!

 

そんなまたたび堂さんは今年の10月に6周年をむかえます。
たくさんのネコ作品と優しさにあふれたこの空間。猫好きなら行って損なし!!
皆さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

猫専門 またたび堂
住所:仙台市青葉区一番町3-8-1 ラベルヴィビル1F
TEL:022-302-6925
営業時間:11:30~20:00
定休日:火曜日

執筆・タマテツ