【定期連載】子どもとアート見つけ隊 第3話「世界一美味しいカレーと美味しいサラダ」【漫画家・丹野諒祐】

ウラロジ漫画

今回の作品は料理!?子どもの成長に、夫婦でグッ!

 

こんにちは。
丹野諒祐です。

前回の絵しりとり、覚えておいででしょうか。

 

 

の答えは「まくら」

 

の答えは「ポテトチップス(ポテチ)」でした。

 

6歳と3歳にも自分の思っていることを表現しようというアイデアがあり、子供たちの無限の可能性を感じることができますよね。

さて、今回は絵とは離れて料理の話です。どうぞご覧ください。

 

いかがだったでしょうか。

サバの味噌煮やカットトマトを使ってあまり包丁を使わずにカレーを作ってもらいました。

6歳といえど、もう自分で作ることができるんだということに感動もあり、一抹の寂しさも感じています。

初めて○○をできた!という瞬間は、僕たち親にとってかけがえのないものです。

その一瞬の刹那の喜びは、本当に美しいものだと思います。

ぜひ、皆さんも子どもたちの初めて○○したという瞬間を楽しみましょう!

 

☆次回は、ユージンがお母さんの誕生日プレゼントを買いに行く話です!

★次回もお楽しみに★

 

丹野諒祐/宮城県在住の漫画家・高校美術教諭。 一児の父。「担任と連載を両立する」が目標。

Twitter

Facebook

三学年担任をしながら週間連載した『高校ジャーナル』はLINEマンガで配信中!

エッセイ単行本『いきなり宮城』は発売中!

その他にも、似顔絵アイコン、CDジャケット、イラストなどなど頑張っております。

妻の佐々野まりえと共に、まんが家夫婦ユニット『TANTANTAN』としても活動中!