【宮城マスター 一直線!】GW中に宮城マスター検定の勉強しながらお得に松島を満喫!【パレス松洲/松島レトロ館」】

宮城マスター

 

GWシーズン到来!

宮城もようやく桜が咲いたと思ったら、あっという間に汗ばむ陽気になっていましたね。
GWはどこかに出掛けようかな~」と考え中の方も多いのではないでしょうか。

宮城マスター検定受験生の私としても、この期間に県内の色んな地域について勉強したいところ。

宮城マスター検定とは

県内外の幅広い個人に本県の魅力をアピールし、本県への理解と親しみを深めるとともに、観光や県産品購入等のきっかけをつくることで「富県宮城の実現」に寄与するために平成19年度から県が実施しているものです。

平成23年度から平成25年度まで東日本大震災の影響で休止していましたが、平成26年度から再開しています。

宮城県公式HPより引用

せっかく宮城マスター検定ウェブシステムの利用者特典証持ってるし、利用出来る施設に行きたいな。その周りを巡れば勉強にもなるはずだし!

利用者特典証について

クイズ形式で宮城マスター検定の対策ができる「宮城マスター検定ウェブシステム」。このウェブシステム上のクイズをやり込んでいくことで、宮城県内の一部施設の利用料が割引になる「利用者特典証」が貰えます。

6問以上正解するごとにウェブ内の「スタンプラリー」でご当地キャラクターを1体手に入れることができ、9体集めると「利用者特典証」がゲットできる仕組みになっています。

※ウェブシステムを利用する際はユーザー登録が必要です。利用者特典証を獲得する際は本名をフルネームで入力し、画像を保存して下さい。


この様な特典証をゲット出来ます!

公式サイトで利用者特典証対象施設が書かれてるから見てみよう!あ、“パレス松洲(まつしま)”っていうホテル、日帰り入浴300円割引って書いてある!300円あれば100円自販機でジュース3本買えちゃうじゃん!

「パレス松州」について

画像提供:パレス松

▼パレス松洲公式サイト
https://www.palace-matsushima.jp/

サイト内には松洲の町花である「セッコク」の妖精「八千代」というキャラクターが登場しています。可愛い。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ANGIEを著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズの 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

2022年(令和4年)3月8日から大浴場が天然温泉になったそうなので、更に気になる!よし、今回は松島に行こう。

早速、松島へ観光と歴史を学びに行きます!

松島に到着!

私が松島に来たのは2015年に「マリンピア松島水族館」が閉館するというニュースを聞いて訪問した以来なので、実に数年ぶりとなります!

小学生時代の行事の度にマリンピア松島水族館に行ってたんで、懐かしいですね。
久しぶりに来たら駅にカフェとお土産ショップが出来て凄いシックでお洒落になっててビックリした…すっかり浦島太郎気分だ…

松島海岸駅を降りてすぐ左手にある「松島イタリアンTOTO」にて「小エビとレモンバジルのピッツァ」を頂きました。(松島に来たので戦国武将隊の松尾芭蕉さんと一緒に撮影!)

チーズとレモンのバランスが良く、あっという間に全て食べちゃいました!小エビもプルプルしていて歯応えが良かったです。オススメのメニューは定期的に変わる様なので、是非お店でチェックしてみて下さい!

その後は瑞巌寺へ。

瑞巌寺、現在はSuica等の電子マネーで支払いが出来るんですね!

瑞巌寺敷地内にある施設「瑞巌寺宝物館」では2022年4月1日(金)から5月8日(日)まで藩主御成の間である「上段の間」と天皇奉迎の施設と伝わる「上々段の間」が公開されているのを知り立ちよったのですが、威厳と美しさが満載!伊達政宗が桃山文化に影響を受けている様子が伝わりました。

その後は伊達政宗歴史館で歴史を学びました。

伊達政宗をはじめ、東北に縁がある偉人達の等身大人形が展示されていて迫力がありました!

さらに道なりに歩いていくと、「松島レトロ館」を発見!

こちらも宮城マスター検定ウェブシステムの利用者特典割引対象の施設です。(特典証の提示で入館料が50円割引になります)

電子決済の種類が豊富なのも良いですね。館長の梶山さんにお話を伺ったところ、若い人の来客が多く、長時間滞在されることもあるようです。

レトロだけど今にも通じるオシャレなデザインもあり、今の若い人達には新鮮に見えるのかもしれませんね

館内の隅々まで展示されたレトロなアイテムの中で刺さるものがかなりありました!

にこにこぷんとか…

某バラエティ番組の「ヘェ~」ボタン「モヤット」ボールとか…

※花は永遠の17歳ですよ?

松島レトロ館
【所在地】宮城県松島町松島字普賢堂48-1
【営業時間】9時~17時
【定休日】年中無休
【入館料】大人 400円 中高生 300円 小学生 200円

パレス松洲に到着

グルメと観光を楽しみ、ちょっと疲れた足を休めて汗を流したいな…と思うタイミングで、「パレス松洲」に到着!

今回パレス松洲の広報担当の方にお話を伺うことが出来ました。
しかも、以前からウラロジ仙台を知って下さっていたそうで嬉しいです!

本日はよろしくお願いします!早速質問なのですが、どの様なきっかけでウラロジ仙台をご存知だったのでしょうか?
ウェブで宮城県内の情報収集をしているので、その流れで知りました。松島にさまざまな方にご訪問いただくことを主眼として、ウェブサイトやSNSを運用しています。観光客の方向けの情報収集の一環として、ウラロジ仙台も拝見していました。
確かにTwitterで瑞巌寺の情報をRTされていたり、公式サイトを拝見した際、『松島のまち歩き』というコーナーで松島の様々なお店を詳しく紹介されていましたね。どのお店も丁寧な取材がされていて興味を引かれました。サイト内に登場する八千代ちゃんも可愛らしいですね

▼八千代について

キャラクター

サイトの中で八千代がうろうろしているとやわらかい印象になるんです。また、パレス松のサイト自体が結構面白いので是非読んで貰いたいですね。そこで気になったら泊まりに来て下さい!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ANGIEを著作者とするこの作品は クリエイティブ・コモンズの 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

施設内にも八千代ちゃんが登場しているので、皆さんも訪れた際は是非彼女を捜して見て下さい!

日帰り入浴に関しても質問させて頂きますね。日帰り入浴は基本的に予約なしでも大丈夫ですか?
基本的にご予約頂かなくても大丈夫ですが、週1程度でメンテナンス作業が入り、やっていない日もある為、当日電話で確認してもらう方が確実かと思います
ちなみに館内のトイレの利用は可能でしょうか?
お立ち寄りの方でも利用可能です。ただ、コロナ禍の情勢ですので、基本的な感染症予防対策をお願いしております
パレス松の魅力を教えて下さい!
施設の基本的な売りは眺望なんですけど、10年程前にリニューアルされ客室も綺麗です。そして、ご飯も地場食材を使っていて美味しいですよ!日帰り入浴+お食事希望の方は事前に電話でのご予約が必要になります。11時〜14時30分に会場を利用していただき、12時にお食事をお出しすることが出来ますので、まずはお電話くださいませ。それ以外ですとご宿泊のお客様へのお食事の提供のみとなります
美味しいご飯気になります…!今回は日帰り入浴のみなので、次回予約して味を確かめに来たいです!

▼食事について
https://www.palace-matsushima.jp/board/

「パレス松洲」は、「食材王国みやぎ」地産地消推進店として宮城県の食材を使用した料理が提供されます。

いざ、入浴!

フロントで日帰り入浴を利用したい旨を伝え、入浴料を支払います。
(※日帰り入浴の利用は11時~14時30分)

この時に利用者特典証を提示すると入浴料が300円引きで、通常1050円のところ、750円に!
(入浴税50円及びフェイスタオル代込み)

※なお、バスタオル・浴衣をレンタルする際はレンタル代が各200円発生します。

▼入浴料に含まれるフェイスタオル。こちらは持ち帰ることが可能です。

▼レンタルで利用出来るバスタオル&浴衣

入浴料の割引を考えると、実質100円でバスタオルと浴衣がレンタル出来るので凄いお得!

また、貴重品は脱衣所内にロッカーがあるのでそちらを利用することが出来ます。数は少ないですが、1つのロッカーが大きいので何人かで行く場合はまとめて入れると良いかもしれません。

2階に男風呂・3階に女風呂のある大浴場の中はこの様にオーシャンビュー!

画像提供:パレス松洲様

訪れた時には窓の側に植えられた満開の桜とウミネコやカモメが飛んでるのを近くで眺められました。

熱さが気持ち良いし、お湯も滑らかでお肌すべすべになれそう!
ジャグジーもあり、泡が足を刺激してくれるので疲れがほぐれていきます。

水風呂もあるので熱いお風呂と交互に入れば整いそうです!
※大浴場内にサウナもありますが、感染症拡大防止のために現在は利用停止中です

大浴場前の「りらくコーナー」。マッサージチェアのコーナーで肩こりを解消。
利用者は無料でマッサージチェアを使えるので、更にお得な気分になります。

『呪術廻戦』、『怪獣8号』、『鬼滅の刃』が揃ってるのがゲキアツ!

給茶機で水分補給。(利用者は無料)

自販機で飲み物を買うことも可能です。

そして休憩場所「千賀の浦」では海を眺めながら一休み出来ます。

※「千賀の浦」での飲食はお控え下さい

ひと休みし終えたら浴衣から着替えてフロントへレンタルしたタオルと浴衣を返却し、リビング「海のどか」へ。こちらでも海の景色が見られます。


宿泊した人達のメッセージや絵が書かれたスケッチブックがあって風情があります

最後におみやげ処 「かもめ屋」でお土産を購入し、「パレス松」を後にしました。

今日はありがとうございました!

ちなみにお土産に購入したのは宿泊客の方へのお茶請けとしても出されている花豆入塩ようかん「松島 塩の舞」(8個入り・760円)。

ようかんの甘さと中に入った花豆の塩味のバランスが絶妙でした!

眺望の良さと基本的にスタッフの方が常にお客様へつきっきりでサービスするのではなく、個人が自由に動けることを優先するスタイルのため開放感のある雰囲気が心地良かったです!
GWに松島へ行く予定の方は宮城マスター検定ウェブシステムのクイズに挑戦して、利用者特典証をゲット!宮城マスター検定に馴染みがあり、既に利用者特典証を持っているある方はこの機会に「パレス松」へ特典証を利用しに足を運んでみてはいかがでしょうか?

松島ではGW以降も「松島パークフェスティバル」の開催が5/29に決定されていたりと今後も足を運びたくなるイベントが続きそうなのでそちらに行った際利用するのもオススメです。
また、更に詳しい施設情報や宿泊について気になる方は公式サイトをご確認下さい。

宿泊のお部屋を見学させて頂いたのですが、モダンでお洒落!最大7名まで泊まれる部屋もあったのでウラロジ仙台編集部の皆と修学旅行したいなぁ~

▼パレス松洲アクセスマップ

パレス松詳細情報

電話番号022-354-2106(代)
【所在地】〒981-0215 宮城県松島町高城字浜38
【日帰り入浴利用時間】11時~14時30分
【駐車場】無料
【入浴料】1050円(入浴税50円込み)
公式サイトhttps://www.palace-matsushima.jp/

取材・執筆:花
取材協力:パレス松洲