【ウラロジライター紹介】編集長・恐山らむねは何者?

雑記

みなさんこんにちは、恐山らむねです。

 

最近お面を作るのにハマっています。

お面に関する記事は後日、別途上げたいと考えています。

 

さて、今回はライター紹介、というかもはや今更ながらの自己紹介なんですけれども、

ひとまず編集長であるところの恐山らむねについて綴っていきますね。よろしくメカドッグ。

 

基本プロフィール

ペンネーム・恐山 らむね(オソレザン・ラムネ)

1993年2月生まれ、27歳(2020年3月現在)

生まれも育ちも宮城県仙台市。

宮城大学デザイン情報学科 出身のイラストレーター・ライター。編集者。

 

趣味は音楽を聴くことの他、髪を染めたり、ピアスを開けること。(趣味かどうかは微妙)

金がないので最近衣服を買っていない。今シーズンは、4着くらいのワンピースをずーっと着まわしている気がする。

 

たまにメイドさんをやっていることもある。

 

普段なにをして暮らしているの?

 

基本仕事人間なので、

・絵やデザインの仕事

・取材や執筆

・NPO法人やバーでアルバイト

 

この3つが生活の柱を担っています。

最近ありがたいことにフリーで受注する仕事も増え、バーのアルバイトはごく稀になってしまいましたが。

宮城県の震災復興ポータルサイトやるるぶフリーなどでのライター経験を経て、昨年9月から「仙台マチプラ」で記事を執筆することに。

それがきっかけでウラロジができたようなもんです。マチプラの編集長のキッドさんには頭が上がらないなー。

 

これは最近では珍しい、自撮りではない写真。河川敷にこの格好して登場する女、やばすぎる。

こんなナリでも、こんなWEBで編集・執筆をやっていても、まちづくりに力を入れているNPO法人で働いています。デザインに関する業務を仕切ったり、新しいデザインに関する事業を推進したりしています(意外とちゃんとやっているかもしれない)。

フォロワーがそこそこいるワケ

そんなこんなで、いろいろやっているうちにわけのわからない人間となってしまった恐山ですが、

Twitterはまぁまぁ年数運用していて、現在2,900人ほどフォロワーがいます(3,000人行ってないあたりがトーシロ)

仙台という地方にいながら、まぁまぁフォロワーがいるのには理由があります。

それは、

1〜2年に1回のペースで炎上しているから〜!

オリジナルの漫画作品が「バズる」ことが多いのですが、7割方「炎上」的なバズりなのでちっとも嬉しくはありません。

もっと、ポジティブな方向で「バズりまち」していきたいところです。よろしくおねがいします。

 

 

ちなみに重度のヘビースモーカーで、肺がおそらくC=0 M=0 Y=0 K=100 くらい黒いです。

 

執筆・恐山らむね