本物のタコで凧揚げしたい【3日目】やれんのか!?アガんのか!?ついに本番・タコ打ち上げ!

やってみた

こんにちは、イラストレーターでライターの恐山らむねです。

近所のミニストップが24時間営業じゃなくなるらしいです。困ったね。

 

そんな話はさておき、少し報告が遅くなってしまいましたが(編集長の怠惰)

東北大学F.T.E.の皆さんのご協力のもと、タコで凧揚げドキュメント・最終回でございます。

 

2月末、寒空の中。河川敷に集合と冨江くんから連絡があったので、我々も向かいました。

本日もよろしくおねがいいたします!

 

本日は前回のホタルイカよりもサイズが大きめのイイダコにパイロットになって貰います、アーメン。

ゴールとしては

 

1,タコが空に打ち上がる

2,パラシュート付きでタコが降りてくる

3,降りてきたタコを救出(キャッチ)

 

の流れが出来て初めて、「成功」と言えるでしょう。

 

冨江くん
いってらっしゃい…
というわけで、

イグニッション!

 

ん~…揚がったけれど、着地というより落下してきましたね。

 

パラシュートを修理したり、ロケット本体を調整したりしながら、再度打ち上げを試みます。

メンバーも「今度は揚がるやろw」と、にこやかに見守っていますが…

 

ンッ!

オジさん
やっぱ厳しいんすかねぇ…
らむね
なかなか綺麗に飛ばないわね

 

ちょっと不安な雰囲気になったところで、秘密兵器投入!このミニパラシュートみたいなの、なんだろう…(後ほどメンバーが解説してくれます)

 

 

 

そして…イグニッション!(n回目)

空高くタコが揚がり…

着地!(メンバーの手の中に)

うおおおおおおおおお

やったああああああああああああああああ!!!!!

更に空高く揚げることもできました。

ご覧ください。

 

みんなのおかげで「本物のタコで凧揚げ」を実現することができました!

ありがとう、本当に、ありがとう…

こちらが動画になります。

 

そして…ロケ企画で使用した食品は、「この後、スタッフが美味しくいただく」のが鉄則ですよね。

ジャーン!

オジさん
みんな、ご飯の準備ができましたよー!

メニューは

・イイダコのタコ飯おにぎり

・「タコさん」ウィンナー

です。

ご飯を食べてお腹も落ち着いたところで、今回中心となってペットボトルロケット本体の設計・製作を行ってくれた

広報に加え、電子班所属の 奥 檀(おく・だん)くんにお話をお伺いいたしました。

檀くん
もともと、自身がペットボトルロケットの製作経験があって、自分を含めサークルメンバー2~3人で製作や打ち上げを小さな規模で行っていました。なので、今回のように大人数でワイワイとペットボトルロケットを作って打ち上げるプロジェクトはそうそうなかったんです。まぁ、あったとすれば前の代で止まっている大型ペットボトルロケットのプロジェクトがあったかな、くらいです
らむね
なるほど、いろいろと初の試みになったと思いますが、今回のタコ打ち上げ成功のポイントはズバリ、なんだったんでしょう?メインとは別の小さなパラシュートみたいなのが、気になったけど
檀くん
ドローグのことですね。ドローグが機能することによって、今回はいい感じに飛行が成功しました。逆に、今までの失敗要因としては気圧が足りなかったり水力(パワー)が不足していたりしていたことが主に挙げられます。仕組み自体が重すぎたのも、ありますね。ロケットはシンプルイズベスト、軽量で確実に動くものが良しとされているんですよ
らむね
それを乗り越えて今回成功したけれど、やってみてどうだった?冨江くんにも聞いちゃう!
檀くん
製作していて、工夫のしがいがありましたし、もともとゴールのある製作でしたので 徐々に目標に近づいている実感を得ながら進められたので、とてもやりがいがありました。今回は1本のロケットでやったけれど、今後は二段の仕組み(一段目を切り離すタイプ)にも挑戦してみたいな
冨江くん
まず、初依頼が成功してよかったあ(笑)期日も3日間のロケで納まりましたしね。前回の記事でも記述していただきましたが、これからもこういった依頼があれば、頑張って取り組んで行きたいね!

(副代表の「でる」こと、本多くん)

 

というわけで、

東北大学 FROM THE EARTHの皆さんのご協力によって

「本物のタコで凧揚げしたい!」は大成功を収めることができました。

 

本当に関係者の皆さま、ありがとうございました。

 

イベント自粛ムードが続く毎日ですが、

なんでも夢は叶うんだぞ!という皆さまの希望の一つになればと思います。

 

 

タコうめ~。

 

協力・東北大学 FROM THE EARTH の皆さん

執筆・恐山らむね

企画/撮影協力・@O_ZI3