【読者の夢、叶えます】ほんとにフォントになりたい!

やってみた

 

This is 恐山らむねです。まず最初に、最近あった会話のやりとりを紹介いたします。

 

先輩
ところで、らむねちゃんが編集している『ウラロジ』って、読者も参加できる企画とかあるの?

 

 

恐山らむね
先輩、急にどうしたんスか〜解像度悪いですよ!
先輩
サイズを無理やり引き伸ばしたんだ。それで、俺さ、ちょっとした夢があるんだよ
恐山らむね
なんでしょう

 

先輩
文字になりたいんだよね
恐山らむね
文字になりたい

 

突拍子も無い願いだったので、よくよく先輩の話を聞いてみると…

 

自分の顔や体の写真を使って文字を作って欲しい

 

という要望でした。仙台市民であり、ウラロジ読者である先輩の頼みならガッテン承知!

 

先輩のことをHelveticaにする

 

今回は「人文字」を作るのですが、切り貼りしただけでは面白く無いので

「ほんとにフォントになる」をゴールに、やっていきたいと思います。

 

今回はHelveticaという有名な書体をベースに、先輩を本当にフォントにしていきます。

 

Helveticaはベーシックなイメージの書体です。参考にするのにちょうどいいと思い、選定しました。

先輩から背景を除去

 

まず、photoshopCC2020を使って、いらない背景を消していきます。

 

 

完成後、先輩から「顔が盛れてない」というクレームがつくのですが、そんなことは知りません。

現実は無情です。

無情なので、選択ツールやぼかしを駆使して、くり抜きました。

 

Helveticaっぽくトレース配置していく

 

うまく体や顔を切り抜いたら、illustratorを使って、Helveticaのレイヤーの上に、先輩を乗せていきます。

いわゆるトレースです。

大体Helveticaになってきました。

 

 

永遠と先輩の真顔パーツを組んでいく作業は、ゲシュタルト崩壊との戦いでした。

 

ひとまず、アルファベット全て組み終わりました。

顔が盛れてないというクレームがあったので、「O」や「Q」など、顔がアップの文字だけ盛れている写真と差し替えました。

優しい後輩だね。

 

ほんとにフォントにしていく

 

最後に、これらの文字をフォント作成ツールを調べてデータを作ります。

 

 

calligraphrというサイトで、特にアプリなどをDLしなくともフォントファイルを生み出すことができるので

フォントになりたいな〜という時は、皆さんもお試しあれ。

 

完成!「kohtavetica」

 

ついに先輩自身が文字になった、「kohtavetica」の完成です。

 

 

「URAROZI SENDAI」の文字をタイプしてみたのですが、なかなかかっこいい…!?

予想以上の雰囲気です。

 

文字をいじれば、グラデーションだってお手のもの。

 

恐山らむね
作ってみました。どうですか?
先輩
モノクロ、いいね。天才かな?ありがとう!
恐山らむね
そうでしょう、ふふ。ぜひ、日常的に使ってください

 

読者の皆さんの夢を密かに募集します

 

というわけで、今回は「ほんとにフォントになりたい」を叶えてみました。

これを読んでくださった読者の方も、「これを叶えてもらいたいなぁ」という夢がございましたら、

ぜひウラロジ編集部までご一報ください。

 

夢は叶うし、流行り病もそのうち収束するよ!

ポジティブに行きましょう。

 

執筆・恐山らむね